調査資料提供

[労働事情実態調査(平成11年度)]


平成11年度労働実態調査の概要

〜平成11年度中小企業労働事情実態調査報告書〜


11.新規学卒者

(1)平成11年3月新規学卒者の採用充足率

採用充足率は85.6%

 回答事業所における新規学卒者の採用計画人数は404名、それに対する採用実績人数は346名で、採用充足率は85.6%となり、前年度より7.7ポイント低下した。
○高校卒
 193名の採用計画に対し155名の採用実績と80.3%の充足率となり、全国平均の90.2%を大幅に下回る結果となった。
○専門学校(専修学校専門課程[2年制以上])
 48名の採用計画に対し、48名の採用実績と100%の充足率となり、前年の98.0%を上回る結果となった。
○短大卒(含高専)
 26名の採用計画に対し、26名の採用実績と100%の充足率となり、前年の95.8%を上回る結果となった。
○大学卒
 137名の採用計画に対し、117名の採用実績と85.4%の充足率となり、全国平均の92.8%を大幅に下回る結果となった。

(2)新規学卒者の初任給

依然全国平均から大きく下回る

○高校卒
 高校卒の初任給は、技術系152,970円(全国平均154,818円)、事務系142,032円(同148,452円)となっており、技術系は対前年比815円(0.5%)の増であったが、事務系は-7,042円(-4.9%)の減という結果となっている。
 全国平均と比較すると、技能系で1,800円前後の減、また、事務系では6,400円前後の減と低い初任給となっている。

○専門学校卒
 専門学校卒の初任給は、技術系162,003円(全国平均166,526円)、事務系152,204円(同160,688円)となっており、技術系は対前年比3,966円(2.4%)の増、事務系は1,384円(0.9%)の増という結果となっている。
 また、全国平均と比較すると技術系で4,500円前後の減、また、事務系では8,500円前後の減と低い初任給となっている。

○短大卒(高専を含む)
 短大卒の初任給は、技術系164,967円(全国平均165,968円)、事務系150,804円(同159,332円)となっており、技術系は対前年比-8,719円(-5.2%)の減、事務系は-11,196円(-7.4%)の減という結果となっている。
 全国平均と比較すると技術系では1,000円前後の減、また事務系では8,500円前後の減と低い初任給となっている。

○大学卒
 大学卒の初任給は、技術系が184,658円(全国平均189,641円)、事務系177.571円(同184,722円)となっており、技術系は対前年比-8,719円(-5.2%)の減、事務系は-7,729円(-4.3%)の減という結果となっている。
 
また、全国平均と比較すると技術系では5,000円前後の減、また事務系では7,000円前後の減と低い初任給となっている。

 
ライン
トップページへ戻るトップページへ戻る