調査資料提供

戻る

5.従業員の休日

(1) 従業員の週休形態
 約8割の事業所が週休2日制
 従業員の週休形態は、「週休2日制」が77.8%で最も高く、以下、「会社独自」17.2%、「週休1日制」15.5%の順となっている。
 「週休2日制」と回答したところでは、「完全週休2日制」が21.5%、以下「隔週」21.3%、「月2回」9.8%と続いている。
 業種別に見ると、製造業では84.2%が「週休2日制」で、非製造業では67.7%となっている。特に「機械器具」の96.0%、「金属・同製品」の91.7%と高くなっている。
(2) 年間所定休日日数
 年間所定休日日数は平均93.67日
 年間所定休日日数は平均93.67日で、全国平均97.94日より約4日分少なくなっている。「100〜109日」が26.7%で最も多く、次に「80〜89日」が22.0%、「90〜99日」が20.9%となっている。
 これを業種別に見ると、製造業では年平均95.01日、非製造業では91.73日となっており、特に「機械器具」の107.00日、「金属・同製品」の101.47日と高くなっている。
 また、従業員規模別に見ると、大規模事業所ほど高い傾向にあり、「1〜9人」の事業所では86.38日であるが、「100〜300人」の事業所では105.81日と高くなっている。
(3) 特別休暇制度の有無
 特別休暇制度の導入割合は低い
(単位:%)
区 分 リフレッシュ休暇 ボランティア休暇
件数 あり なし 件数 あり なし
産   業    計 481 2.3 97.7 480 0.6 99.4
製  造  業  計 296 1.7 98.3 296 0.7 99.3
食料品 67 - 100.0 67 - 100.0
繊維・同製品 43 - 100.0 43 - 100.0
木材・木製品 38 - 100.0 38 - 100.0
出版・印刷・同関連 25 - 100.0 25 - 100.0
窯業・土石 36 2.8 97.2 36 - 100.0
化学工業 7 - 100.0 7 - 100.0
金属・同製品 24 12.5 87.5 24 4.2 95.8
機械器具 26 3.8 96.2 25 - 100.0
その他 30 - 100.0 31 3.2 96.8
非 製 造 業 計 185 3.2 96.8 184 0.5 99.5
運輸業 18 5.6 94.4 18 - 100.0
建設業 71 1.4 98.6 70 1.4 98.6
総合工事業 41 2.4 97.6 41 2.4 97.6
職別工事業 13 - 100.0 13 - 100.0
設備工事業 17 - 100.0 16 - 100.0
卸・小売業 67 6.0 94.0 67 - 100.0
卸売業 23 4.3 95.7 23 - 100.0
小売業 44 6.8 93.2 44 - 100.0
サービス業 29 - 100.0 29 - 100.0
対事業所サービス業 16 - 100.0 16 - 100.0
対個人サービス業 13 - 100.0 13 - 100.0





 1〜9人 149 0.7 99.3 150 0.7 99.3
 1〜4人 42 - 100.0 42 - 100.0
 5〜9人 107 0.9 99.1 108 0.9 99.1
 10〜29人 170 1.2 98.8 170 0.6 99.4
 30〜99人 131 3.8 96.2 130 0.8 99.2
 100〜300人 31 9.7 90.3 30 - 100.0
全 国 計 5.2 94.8 1.4 98.6

戻る

 
ライン
トップページへ戻るトップページへ戻る